メキシコ国境の移民キャラバンは、ソロスによるトランプ氏への嫌がらせ

リチャードコシミズさんからの情報です。


 

 

メキシコ国境の「移民キャラバン」は、金融ユダヤ人、ジョージ・ソロスが資金を提供して組織した、Deep Stateによるトランプ政権攻撃のためのテロ集団。

ソロスは、越境群衆に犯罪者を紛れ込ませ、暴徒化させる算段。トランプ氏が鎮圧のため、仕方なく銃を発砲すると、多数が殺害されたと偽って、いつもの「やらせテロ」事件を捏造する。トランプ大統領を、DeepState専属のインチキメディア、特にCNNが、半狂乱で批判する予定。

だが、米国民は、メキシコ国境を通じて、米国に入ってくるDeepStateのコカインに怒り心頭。コカイン密輸をする不逞移民を撃退しようとするトランプ氏を全面支持!

トランプ氏の軍派遣は、麻薬マフィアに対する当然の正当防衛行為です!

司法当局は、ソロスを麻薬密輸の罪で、問答無用に射殺せよ!

【映像】「移民キャラバン」流入に反発 ティファナ市民の一部が抗議
11/19(月) 11:43配信 AP通信

ティファナ、メキシコ、11月19日(AP)― 中米諸国から米国への移民を目指す「キャラバン」が、続々と太平洋側のメキシコ国境の町ティファナに到着している。
 16日までに既に3000人以上が到着。さらに4000人近くが合流する見通しで、ティファナ市長によれば、移民の流入は「少なくとも今後半年は続く」見込みだという。
 キャラバンの到着に、ティファナ市民の一部には既に抗議の声が上がっており、徐々にではあるが住民の反発が高まっている。
 18日には、流入に反対する数百人のティファナ市民が、メキシコ国旗を掲げて抗議集会を開き、移民グループとにらみ合う場面もあった。機動隊が間に入って直接の衝突は阻止されたが、メキシコへの流入を「侵略」とみなす市民の声もあり、住民の間には危機感が高まっている。
 米国への移民申請の長期化が予想されることから、メキシコ国民の税金が移民に使われることに対する反発も予想され、さらなるキャラバンの到着とともに、国境の町では一部ティファナ住民との間に緊張が高まっている。

中米移民キャラバンの国境越えを実力阻止する理由
05.11.2018
https://www.trendswatcher.net/032018/geoplitics/%E4%B8%AD%E7%B1%B3%E7%A7%BB%E6%B0%91%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%A9%E3%83%90%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%9B%BD%E5%A2%83%E8%B6%8A%E3%81%88%E3%82%92%E5%AE%9F%E5%8A%9B%E9%98%BB%E6%AD%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E7%90%86%E7%94%B1/
現在メキシコに入った移民グループは、米国への入国や入国を意図しており、中でもメキシコとテキサス州の国境を突破しようとしている。数千人の移民(キャラバン)の国境越えを阻止するため、米陸軍工兵部隊は有刺鉄線のフェンスと、テキサス州の米国とメキシコの国境に沿って敷設した。

 キャラバンに紛れ込む犯罪者集団

 ドナルド・トランプ大統領は先週、15,000人規模の軍隊を国境に派遣し、移民キャラバンの国境越えを実力で阻止することを明言した。トランプ大統領は移民の流れに関して、群衆にテロリストが紛れ込んでいることを理由にしている。国土安全保障省の報告書によれば、キャラバンには20カ国から強姦や強盗を含む犯罪者270人が含まれるとしている。

 リストアップされている犯罪者たちにはギャングメンバーが含まれており、暴行、武力強盗、子供に対する性的暴行、女性に対する暴行など、多数の暴力犯罪者が含まれている。一方、10月30日のメキシコ内相も、地元のラジオ局に、犯罪グループがキャラバンに含まれていることを認めた。

  先週の記者会見で、トランプ大統領は投石を武力行為とみなすとして、キャラバンの移民に警告を発した。一部メデイアは投石者に発砲許可を出したとする間違った報道をしているが、真意は暴動同様の逮捕措置をとる用意があることを警告したにすぎない。テキサス州とメキシコの国境は下図に示すように、メキシコと接する4州の中で最も長い。

難民キャラバンに資金援助するソロス

 メデイアは移民キャラバンが資金提供を受けていることを報じない。しかし欧州移民の支援でも財団の関与は明白になっており、今回の中米移民の件で、もテキサス州共和党のルーイ・ゴーメルト議員は、億万長者のジョージ・ソロス氏が、中間選挙前に共和党政権に不利な「政治問題」を引き起こす目的で、移民キャラバンに資金を提供しているとしている。

 キャラバンに資金を提供する目的は、移民制度を突いて選挙前に混乱を招くことである。ジョージ・ソロスは、移民を一貫して支持し、これを推進する多数の組織を支援している。ソロスの理念は第3世界の移民を西側諸国への移住させることである。中米移民キャラバンをメキシコに送り込み米国国境を越えさせるのもそのためである。欧州への移民問題は中米から米国に焦点を移したが、国境を守り抜こうとするトランプ政権の軍隊と衝突のリスクが高まった。