リンチ元司法長官とコーミー元FBI長官をヒラリー犯罪隠蔽の罪で。。。。。。

リチャードコシミズさんからの情報です。


 

 

byウォナビー・カ…

ヒラリーが裁判所から回答を求められた他にも色々と動きがあります。

(1)カバノー氏を偽レイプ疑惑でネチネチやったマイケル・アべナッティ弁護士、家庭内暴力で逮捕!
https://www.sankei.com/world/news/181115/wor1811150024-n1.html

(2)共和党下院司法委員会、ロレッタ・リンチとジェームズ・コーミーに召喚状!
https://bongino.com/house-republicans-to-subpoena-james-comey-and-loretta-lynch/

数ヶ月前にはブロンフマン家の令嬢の一人が人身売買で逮捕されましたし、確実に動いていますね。

 

ロレッタ・リンチ元司法長官とジェームズ・コーミー元FBI長官。2匹とも、オバマ政権に任命されたDeepState専属の違法な「ヒラリー・レスキュー隊」。このお二方を共和党が攻め立てる!当然のことです。ヒラリーを刑務所に送るために、まずはこの2匹を甚振って、吐かせて下さい!

 

反トランプ・クーデターを仕掛けた「ディープ・ステイト」
https://www.sankei.com/premium/news/180729/prm1807290011-n1.html
一連の流れを現在の時点から総括してみると、以下のようなことが分かってきている。
先ず、恐らくオバマ大統領を含むオバマ政権の要人、そして司法省を中心とするリベラル派の官僚達は2016年の大統領選挙でトランプに脅威を感じていた。何としてもトランプ当選を阻み、ヒラリー・クリントン候補を当選させるのが、彼らの共通の使命感となった。
ヒラリーを当選させる為には、2016年の6月には既に大問題になっていた所謂「e-mail問題」を隠蔽しなければならない。これはヒラリー・クリントンがオバマ政権第1期で国務長官を務めていた時に、国務省の機密扱いのメールまで個人サーバで扱っていたという明らかな法律違反問題である。実は法律の規定通りに判断すれば、機密情報を私用サーバで扱っていたというだけで重罪に値するのである。ところが、時のロレッタ・リンチ司法長官とコミーFBI長官は、明らかにヒラリーを政治的に支持する立場から、彼女を起訴せずに、事実上、“無罪放免”してしまったのである。これが第1のオバマ政権の大きな罪である。