(有料)米国の中間選挙の結果 米国の上下両院の機能とQアノン、社会主義勢力サンダース派の善戦

天野統康さんのブログ「金融システムから見る経済社会論」より転載させていただきます。


 

 

 

天野統康の有料ブロマガ

「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

を更新しました。

 

6日に米国連邦議会の中間選挙が行われた。

上院は共和党が過半数をしめ、下院は民主党が過半数を占める結果になった。
今回の選挙結果がトランプ政権に与える影響や米国の上下両院の権限、Qアノンや社会主義者を名乗るサンダース派の善戦などについて解説する。

<参考リンク>
  ・米産業界、民主下院勝利に期待と懸念の声     
11月8日 日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37506030Y8A101C1000000/

・トランプ与党 下院敗北 金持ち優遇税制、国民分断に批判 議会「ねじれ」状態に
11月8日 しんぶん赤旗
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-11-08/2018110801_03_1.html

 

 

 

続きはこちらから→<リンク>マネーと政治経済の原理からニュースを読む

 

 

 

クリックして拡散のための応援をお願いします

br_c_4523_1.gif

社会・政治問題ランキング  

 

===================================

※天野統康の有料ブロマガ

「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

では細切れのメディア情報に振り回されず、仕組みの全体像から
ニュースを読み解き、生活やビジネスに役立つ情報を提供しています。

FP業(2003年~)、作家業(金融と政治経済の本を5冊出版)などの

経験をもとに、独立した立場から企業やメディアの意向に左右されない
情報提供を行うために発信を行っています。

※ご登録は下記のページの右下にある「入会する」ボタンを
クリックして下さい。
http://ch.nicovideo.jp/amanomotoyasu