①情報は公開情報のみで分析 ②裏情報には危険があるので近づかない ③結果から原因を類推する をモットーに

カテゴリー

1953年 ソビエト連邦 大惨事の社会実験(下)

ユダヤ問題のポイント(近・現代編) ― 第8話 ― ソビエト連邦 大惨事の社会実験(下)

 安倍ぴょんについて浜矩子立命館大学教授が面白い論評をしています。

いわく先の選挙も大勝「安倍一強」とされるが「弱虫政権である」と。自信が無く弱虫でゆとりが無く肝が据わっていない、だから虚勢を張る。怖いものだらけ「一弱の怯え」が実態。怯えが、過激でなりふり構わぬあらぬ行動を取らせると。

その通りでしょう。

「ハザールマフィア」そして「偽ユダヤ」でさえも安倍ぴょんと似た部分があります。無論彼らは頭も力も能力も肝もあります。しかし悲しい習性があります。権力欲や支配欲等の野心の塊である彼ら、ロシアの乗っ取りは成功し世界統一政府も完全に視野に入ってきた、こうなるとキングの座を巡る争いが必ずそれぞれのレベルで巻き起こります。ロシア王は誰か?世界王は誰か?と。
野心の裏には劣等感の恐怖心がセットとしてあります。その劣等感の恐怖心がハザールマフィア同士での暗殺合戦を呼びます。偽ユダヤ同士でも支配権争いがあったように見えます。自身の恐怖が呼ぶ争いが自滅を招きます。その意味で頭が良いのに彼らは全体としては「愚か」だともいえます。
ただ問題はマフィア同士のみの争いならいいのですが国家や世界のトップに立つものが「愚か」だと民衆が巻き込まれ大惨事になるのです。それと頭が良く能力の高い「愚か」と頭が悪く無能力の「愚か」、どちらがコワイかといえば案外後者かもしれません。前者は「見えています」後者は何も「見えてない」のです。どちらがとんでもない行動に出るでしょう?
スターリンはもしかするとかなり地頭が悪かったかもしれません。無論安倍ぴょんほどではないでしょうが。安倍ぴょん長期政権の秘密は地頭の悪さと無能力にあるかもしれません。ソ連は凄惨な大惨事でした。日本もこれ以上惨事を招かないように・・・

(seiryuu)
注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。
————————————————————————
ユダヤ問題のポイント(近・現代編) ― 第8話 ― ソビエト連邦 大惨事の社会実験(下)

ロシアにおけるマフィアの暗闘

ホロドモールとして現出された凄惨な地獄、しかしそれさえも次々現出された地獄の一部に過ぎません。10月革命で実権を握ったハザールマフィア逹、彼らが最初に行ったことはロシア皇帝一家暗殺もありますが、レーニン政権下で従わない者は農民、キリスト教徒、知識人、全て排除と殺害。数年で1000万人以上の殺害ともされます。攻撃の刃は外にも内にも向きます。

当の恐怖の支配者となったレーニン、しかし早々に暗殺攻撃を受けます。命はとりとめたもののこの際の傷が原因でレーニンは死去。ハザールマフィアの中でキングの座を巡る暗闘は延々と続いていたのです。ハザールマフィアで革命の指導者であったトロツキー、カーメネフ、ジノヴィエフ、ラデック、マルトフ逹彼らはどうだったか? 亡命先で49歳にて結核で孤独に死去したマルトフ以外全員が他殺されます。暗殺、銃殺、収容所での虐殺です。革命の実行者いわば一方の主役の彼らその末路は全て惨めで憐れでした。彼らは現出させた地獄の君臨者のつもり、しかし現実には地獄の囚人としての末路を迎えたわけです。

内ゲバは指導者間だけではありません。イワノフ氏は語ります。

「1920~30年代、アメリカやドイツからやって来た共産主義者のユダヤ人たちと、ロシアにいた150万人のユダヤ教徒との間に、激烈な闘争が巻き起こった・・・レーニンやトロツキーたちとともに来た人々は、この戦いでほとんど消えてしまった。革命政府の中心にあった者たちは、ほとんど殺されてしまった。

こうしたハザールマフィア間の抗争の裏には「偽ユダヤ」間での抗争もあったように見えます。100年余に渡りロシア転覆を裏で主導してきたのはロスチャイルド家です。しかしロシア転覆に成功しても結果的には世界帝王の座は得られませんでした。第二次世界大戦後はシフを通じ育成したはずのロックフェラー家がロスチャイルド家に伍する力を得たように見えるのです。実態は定かではありませんがロスチャイルド家の思惑が外れたのは間違いないでしょう。

ヨシフ・スターリン [Public Domain]

ロシアでマフィア間の暗闘を制したはずのスターリン、滑稽なほどに恐怖心の塊だった彼は粛清の嵐を吹かせます。秘密警察がフル回転し誰彼とも構わなく収容所送りです。スターリンはロスチャイルド家の息子との情報もある反面、バックにはロックフェラー家がついていたとの情報もあります。そういった彼の動きはトリッキーでした。カガノビッチ、更にその背後の存在に操られてはいたのでしょう。しかし最後はその操りに叛旗を翻した模様で、仲間だった筈のハザールマフィア全て「シベリアのビロビジャンに送ろうとし」その矢先に死去します。

イワノフ氏によると影の如くに常に共にあったカガノビッチの従兄弟ベリヤによる毒殺とのこと。確かにそのようで、こうなると革命の指導者支配者ほぼ全てが他殺されたことになります。

 

(続きはこちらから)

指導者スターリンが招いた戦争の大悲劇

スターリン政権下、第二次世界大戦が起こされ、条約は破棄されてソ連とドイツの戦争となります。この第二次世界大戦で最大の死者を出したのはどこの国かご存知でしょうか?

敗戦国の日本、ドイツでは無いのです。戦勝国とされるソ連です。兵士と民間合わせて2000万人以上の死者です。これは日本の死者310万人の約7倍、ドイツに比べても約3倍と飛び抜けた数字です。ソ連はドイツとの戦闘に敗戦を重ね首都モスクワまで攻め込まれています。なぜここまで敗戦を重ねたか?

もともとは精強を誇っていたソ連赤軍でした。ところがヒットラーの策略もあったようですが、何と軍トップの元帥を始め軍の幹部のほとんどが粛正の対象とされて殺害されていたのです。軍司令部という頭を失ったソ連赤軍はドイツ軍に一方的に屠られていったのです。これも「愚かな」指導者が国のトップに立つことで引き起こされた大悲劇の一つです。

フランキストにとってはたとえ味方であっても「勝れた人間」は敵なのです。自分の地位を脅かしかねないとの自らが持つ恐怖が味方をも憎悪と破壊の対象とさせるのです。また、粛正した側も粛正で殺害されます。1936年から1938年まで政治警察・秘密警察であるNKVDの長だったニコライ・エジョフがそうです。彼は天文学的な数の人民を虐殺しますが自らも粛清対象にされて処刑されます。エジョフの後任となったベリヤの命によって処刑されたのです。

さて、軍の頭を失いドイツ軍に国土を蹂躙され大ピンチに陥ったソ連でした。しかし粛正を免れ成長をとげていた、勝れた軍人が残っていました。ゲオルギー・ジューコフ(1896 – 1974年)です。蹂躙された祖国の大危機に彼が元帥に就任します。そして軍を率いてモスクワ戦線でドイツ軍を敗走にいたらせたのです。スターリンは戦勝国の指導者となったわけです。それで自信を深めたのか、スターリンが真の独裁者になろうと動き始めた矢先にベリヤの魔手にかかり毒殺。スターリンの死、これにてカガノビッチそしてその右腕ベリヤによるソ連の完全統治となります。ハザール帝国の恐怖の再来です。

大惨事の社会実験にピリオド

絶望的状況でした。「1953年、カガノビッチは当時のソ連の全権を掌握した。このとき、ロシアは本当のユダヤ国家になってしまったのである。ロシアのユダヤ人とアメリカのユダヤ人たちはこうした事態を大いに喜んだ。なぜならば、ロシアのユダヤ人もアメリカのユダヤ人も、いずれもアシュケナジー・ユダヤ人という同胞であり、すっきりと手を組むことができるからだった。ユダヤ人たちはソ連とアメリカという2つのユダヤ国家が力を合わせれば、全世界を支配できると考えた。当時の誰がこのような陰謀を阻止できただろうか。その当時、国家保安省のエージェントはあらゆるところにいた。そして、密告が制度として国民の義務となっていた。当時のロシア人は、こうしたユダヤのネットワークには、何らの抵抗するすべをもたなかった。」(イワノフ氏)

・・・しかし奇跡は起きました。本当に。「1953年6月26日、モスクワ郊外でジューコフ元帥は陸上演習を行っていた。この演習の途中で、ジューコフ元帥は突然、自ら戦車部隊二個師団を率いてモスクワ市内に入り、国家保安省本部に向かって進撃を始めたのである。国家保安省はこの動きをまったく感知していなかった。そのため、ジューコフはあっという間に国家保安省本部の占拠に成功することができたのであった。ジューコフ元帥はまずベリヤを逮捕た。そしてその次にカガノビッチらを逮捕した。

これはまったく異例の事態であった。ロシア人の民族性からすると、こうした過激な反発行動に出ることはあり得ないことであった。しかしジューコフは、誰にも相談せずに、自らの判断で直ちに戦車部隊二個師団を動かし、モスクワに入って国家保安省本部を乗っ取ったのである。」(イワノフ氏)。

ベリヤは処刑、ハザールマフィアも一掃されここからソ連は新しい政府として再スタートできたのです。ソ連人民そして世界人民にとっても奇跡の出来事です。

凄惨を極めた大惨事の社会実験にピリオドが打たれたのです。1917年の10月革命から1953年ジューコフ元帥によるカガノビッチ逮捕までの約35年間、戦争、餓死、銃殺処刑、収容所での虐殺と獄死これらの悲劇の犠牲者は7000万人にも登るとの情報もあります。正確な数字はいずれ出てくるでしょうが、ソ連の発足は無数の人民の血にまみれた狂気と恐怖に支配された大惨事でした。フランキスト悪魔主義者には自分たち以外は全てゴイムです。彼らが支配する世界とはどういうものか、その姿を歴史は示しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です