何度被害にあっても懲りずに特亜人を歓迎する日本企業と大学

日本や世界や宇宙の動向さんからの情報です。

 


 

日本の大学には中国人や韓国人の留学生がうじゃうじゃいます。
その中には工作員が多くまぎれ込んでいます。彼等の目的は日本の技術を盗むことです。
ここ数年、日本の高品質の農作物が大量に盗まれる被害があちこちで発生しています。
その目的は転売もそうですが日本の農作物を自国で栽培するためでもあると思います。ですから犯人は日本人ではないと思います。
大学(特に研究室)でも彼等は様々なスパイ活動を行っているでしょう。
それでも日本の大学は彼等を熱烈歓迎し特別扱いしています。

また、日本企業は中国や韓国から大量の人材を確保しようとしています。
アメリカでも大きな被害に遭っていますが、中国人や韓国人のスタッフが増えれば増えるほどハッキングで最先端技術が盗み出されます。
また、数年後には、彼等は日本企業で奴隷労働を強いられたとして次々に(賠償金目当てに)訴訟を起こすでしょう。
そうなると、彼等を雇った企業は利益どころか巨額の賠償金を支払うことになるでしょう。これでは日本の国益にも反します。このような人たちを多く雇うことが売国行為となります。
既に外国人実習生が奴隷労働されたとして訴訟を起こし勝訴したケースがありますから今後はそのような訴訟が増えていくのではないでしょうか。日本の大学も企業も目先のことしか見えないようです。視野が狭すぎます。今が良ければよいとしか考えられない、愚か者が多すぎます。

過去記事:
http://nagasakikenrouren.seesaa.net/article/389488866.html
2013年03月06日
島原中国人縫製実習生訴訟 「勝訴」、「奴隷労働を断罪」

 島原市の縫製工場で働いていた中国人技能実習生5名が、旅券や通帳を取り上げられて、最低賃金を下回る時給300~350円の賃金で、月180時間超の残業を強いられたとして、縫製会社、協同組合、仲介業者らを相手に未払賃金と慰謝料の支払いを求めた訴訟について、長崎地方裁判所は、合計1064万円の支払いを命じました。
判決は長時間労働や最低賃金法違反、旅券や通帳の管理、携帯電話を所持し外部との交流を禁止等の一連の行為が人格権侵害にあたるとして会社代表者の不法行為責任を認めました。
また、協同組合、派遣仲介会社、さらに、協同組合理事と派遣仲介会社の経営者個人の共同不法行為責任も認めました。
なお、縫製会社は倒産により消滅したため未払賃金は判断されませんでしたが、最低賃金法が適用されないとされていた研修期間中の作業は労働であるとして最低賃金法が適用されるとの判断を示しました。
弁護団は原告らのほぼ全面勝訴と言っていい判決と述べています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
http://www.kokunanmonomousu.com/archives/77454343.html

 

未来の徴用工 日本就職のための博覧会 韓国のソウル・釜山で開催へ=約110社参加 [11/4]

【聯合ニュース】日本就職のための博覧会 ソウル・釜山で開催へ=約110社参加
韓国の雇用労働部は4日、日本への就職を目指す韓国人求職者を対象にした
「日本就業博覧会」を5日に釜山の展示コンベンションセンター・BEXCOで、7日にソウルのロッテホテルワールドで開催すると明らかにした。
雇用労働部や大韓貿易投資振興公社(KOTRA)などの共催。
博覧会にはソフトバンクや日産自動車、日本電気硝子、ハウステンボスなどの大手企業を含め、約110社の日本企業が参加する。
博覧会では企業関係者による個別面接や説明会などが行われる。
雇用労働部の担当者は「3月に発表された海外地域専門家の養成に向けた方策を踏まえ、
日本で求人需要が高いIT分野などに対する海外就業研修規模を拡大するなど、(求職者の)日本進出を積極的に支援する」と述べた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

https://snjpn.net/archives/12164

北海道大学で盗難された新種のジャガイモ → 韓国で特許出願される

2016-11-20

北大の畑でジャガイモ220キロ盗難 開発中の新品種

北海道大学(札幌市北区)構内の畑で8月下旬から9月1日にかけ、開発のため栽培していた新品種のジャガイモ計約220キロがなくなっているのが見つかった。札幌北署は窃盗事件として捜査している。

jyaga
同署などによると、ジャガイモが盗まれたのは北大大学院農学研究院が入る建物に隣接する畑。8月28日にジャガイモ約160キロが掘り起こされ、なくなっているのを北大職員や学生が見つけた。9月1日にも約60キロが盗まれたのがわかった。8月15日時点では、畑に異常はなかったという。
北大によると、栽培していたジャガイモは従来の品種よりもでんぷんの量が多い新品種。今月中にも収穫する予定だったが、栽培していたジャガイモの約7割がなくなった。