1781-1784年 ユダヤの金貸しこそがアメリカ独立戦争の主な融資者

「PLANET ROTHSCHILD」から翻訳して掲載します。


1781-1784 JEWISH MONEY-LENDER IS THE MAIN FINANCIER FOR THE AMERICAN REVOLUTIONARY WAR

1781-1784年 ユダヤの金貸しこそがアメリカ独立戦争の主な融資者

During the war, Washington relies heavily upon a well-connected Polish-born Jewish money-lender named Haym Salomon for financing.

戦時中、ワシントンは、資金借り手であるポーランド生まれのユダヤ人のヘイム・サロモン氏の融資に頼っている。

Salomon is a member of the Sons of Liberty – the same secret society that had instigated the Boston Massacre and organized the Boston Tea Party.

サロモンはボストン大虐殺を扇動し、ボストンティーパーティーを組織したのと同じ秘密結社「自由の息子たち」のメンバーである。

From the period of 1781–84, records show Salomon’s outside fundraising and personal lending help provide over $650,000 (approximately $9 billion in 2015 dollars!) in financing to Washington in the war effort against Britain. (5)

1781〜84年の記録から、サロモンの外部資金調達と個人向け融資は、ワシントンへの英国戦争のための融資で$ 650,000(2015年の時点でのドルの価値で約90億ドル!) (5)

Certainly, Salomon’s eagerness to finance the war must have had some profit motive (though he died in 1785 before he could be repaid), but it is also in line with Jewish Illuminati objectives to weaken the existing Empires of Europe while keeping them all in a “balance of power” situation in which one can be played off of another.

確かに、サロモンの熱心な戦争資金の融資は若干の利益を得る目的を持っていたことには違いないが、(返済される前の1785年に亡くなった)、ヨーロッパに存在する帝国が他の国とも戦争をしてもらうように、それら帝国間の「力のバランス」を保ったまま帝国の力を弱めさせていくという、ユダヤ・イルミナティの目標を合わせ持っていた。

Without Solomon’s money and other fundraising efforts, the colonies will have no chance of winning the war.
ソロモンからの資金とその他の資金調達がなければ、植民地は戦争に勝つチャンスはなかったのだ。


以上です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です