1776年7月4日 独立宣言への署名

「PLANET ROTHSCHILD」から翻訳して掲載します。


JULY 4, 1776 THE DECLARATION OF INDEPENDENCE IS SIGNED

1776年7月4日 独立宣言への署名


Written by Thomas Jefferson and signed by 56 patriots, the Declaration of Independence officially breaks the colonies away from Britain, and sets forth the ideal that governments exist to serve the people, not to control them.

トーマス・ジェファーソンが執筆し、56人の国家が署名した独立宣言は、正式にイギリスから植民地を離脱させ、人々を支配するのではなく支えるために政府が存在という理想を打ち立てた。

America’s founders believe that rights come from God, not government.

アメリカの創設者は、権利は政府ではなく神から来ていると信じている。

 

Prosperity follows when the power of the state is limited.

繁栄は州の権力が制限されてこそ続く。

 

Small government, God-given rights, morality, stable currency, respect for private property, and minimal taxes represent the opposite of what the Illuminati and latter day ‘Red” revolutionaries advocate.

小規模政府、神が与えた権利、道徳、安定した通貨、私有財産の尊重、最小限の税金は、イルミナティと現代の「レッド共産主義」革命家が主張しているものとは反対のものです。

 

These lines of the Declaration sum up what America, and the ‘4th of July’, are (or were) all about:

宣言の以下の行は、アメリカと「7月4日」が何を示しているのかを総括している。

 

“We hold these truths to be self-evident, that all men are created equal, that they are endowed by their Creator with certain unalienable Rights that among these are Life, Liberty and the pursuit of Happiness.

「われわれは、以下の事実を自明のことと信じる。すなわち、すべての人間は生まれながらにして平等であり、その創造主によって、生命、自由、および幸福の追求を含む不可侵の権利を与えられているということ。

 

–That to secure these rights, Governments are instituted among Men, deriving their just powers from the consent of the governed,

こうした権利を確保するために、人々の間に政府が樹立され、政府は統治される者の合意に基づいて正当な権力を得る。

 

–That whenever any Form of Government becomes destructive of these ends, it is the Right of the People to alter or to abolish it, and to institute new Government.” (4)

– しかし、権力の乱用と権利の侵害が、常に同じ目標に 向けて長期にわたって続き、人々を絶対的な専制の下に置こうとする意図が明らかであるときには、その ような政府を捨て去り、自らの将来の安全のために新たな保障の組織を作ることが、人々の権利であり義務である。」(4)


以上です。

以下に独立宣言の翻訳例を添付します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です