トルコでサウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏が死亡した事件

記者死亡事件の容疑者「事前に計画」=サウジ検察

【イスタンブール時事】トルコでサウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏が死亡した事件で、サウジ検察当局は25日、容疑者が事前に犯行を計画していたと発表した。

 トルコが提供した情報を基に確認されたという。トルコのエルドアン大統領が「計画的殺人」と断定する一方、サウジ検察はこれまで、カショギ氏は「過失により死亡した」と主張していた。