QAnonの全て Part2

字幕大王さんより転載

QAnonのすべて(前半)QAnonのすべて(後半)での、prayingmedicことデイブ・ヘイズさんによるQの解説の続編です。字幕は現時点で途中ですが、とりあえず1/3をまとめてみます。

※QAnonに関する投稿は/tag/QAnonにあります。

と、その前に前回のインタビューでデイブ・ヘイズさんが「神から聞いた」と言ってたことが当たりました。聞いたときはまさかと思ってたんですが、これです。

神が夢をくれたんです。
その中で。。。私は予見的な夢を良く見るんですが、
infowarsが消滅することです。
アレックス・ジョーンズの番組がなくなります。
存在が無くなるんです。
彼らは妥当性が無くなり、完全に消滅します。

このままだと本当にそうなりそうです、視聴者の支持云々ではなく、外部からの圧力によってですが。

さて今回の話としては、「Qのすべて」と銘打ってはいるものの、現時点まではデイブ・ヘイズ氏による調査結果という感じですね。もちろん、Qからのインスパイアによって調査されているのでしょうけれども。

しかし、この内容が本当だとすると驚愕すべきものです。これは他の独立メディアの情報からは聞いてないことです。いかに「トランプのロシア共謀」が、オバマ・ヒラリー側によって最初から仕掛けられていたのかがわかります。

主流派メディアのQへの攻撃は最初から計画されていたもの

7/31のトランプのフロリダ州タンパ集会以降、主流派メディアからのQに対する攻撃が激しいわけですが(この件はQ Anonは本物確定で書きました)、Qによれば「正確に我々の期待したことだ」とのこと。

「でかいニュースが出てくる前に、これらが主流派に出てくる必要があった」

だから、私(デイブ)が思うには、これから大きなモノが出てくる。主流派メディアによるものはCIAの見方であり、CIAに仲間がおり、CIAが何を報道するかすべてを決めている。

※日本でも全く同じ状況です。主流派メディアというのは、すべてが独立などではなく、何かしらの上からの指示を受けていますね。NHKだろうが朝日だろうが読売であろうが、すべて同じです。

FISAによるトランプ選対の監視

オバマによる諜報戦争は、上院委員会によって調査が行われ、デビン・ニューネスが発見した。国内的にもだが、国際的にもファイブアイズ協定(UKUSA協定)を通して、英国・カナダ・ニュージーランド等の相互協定をも使って、諜報機関を武器化し、政敵をスパイしたのだ。

オバマ政権とヒラリー選対は、トランプ選出を阻止するため、手の込んだプロセスでこれを行った。

FBIと司法省は、NSAの維持するFISAデータベースへのアクセスをプライベート請負業者に許し、カーター・ペイジの情報を入手し、その情報を調査報告に入れた。これを英国諜報部に送り、(ランドリングし、あたかも向こうが調査したかのように)FBIと司法長官に戻した。

これを持ってFISA裁判所に行き、判事にカーター・ペイジがロシアのスパイであり、タイトルワンの監視が必要という申請を行った。

タイトルワンとは、テロリスト、スパイ、諜報活動に関わるターゲットと、その会話したもの全員、コンタクトしたもの全員を監視下に置くものだった。これにより、トランプ選対まるごとが監視下になってしまった。

ペイジとマナフォート

しかし、そもそもカーター・ペイジは2016/3にはFBIの情報屋だったのである。FBIがロシアの工作員を起訴するための情報屋として使っていたのだが、しかし、その年の7月には「カーター・ペイジがロシアのスパイだ」と言い出した。

どういうことかトランプ選対で働くことになったカーター・ペイジによって、芋づる式に監視下におかれることになった。

ポール・マナフォートも全く同じで、2014年からFBIの監視下にあっったのだが、これもどういうわけかトランプ選対に入り込んだ。

つまり、FBIはペイジとマナフォートを持ち込んで、トランプ選対を監視したのである。

トランプタワーでの会合

トランプタワーにおいて、トランプジュニア、マナフォートがロシア人女性弁護士ナタリア・ベセルニツカヤと会ったことが問題になっているが、この女も仕込みだった。

そもそも彼女はビザが拒否されていたのだが、ロレッタ・リンチ(当時の司法長官)が特別扱いを行った。

そして、トランプタワーでの会合の前日にも翌日にも、彼女はFusion GPSのグレン・シンプソンに会っている。

しかも、この会合は、表向きにはトランプ側に敵対者ヒラリーの情報を与えるものというものだったが、参加者によれば「何も無い」ものだった。

結局は、トランプがロシアと共謀しているという印象を与えるために仕掛けられたものだった。

ジェフ・セッションズとロシア大使キスリャクの会合もそうではないかと、私(デイブ)は疑っている。

オバマとヒラリーのチームがすべての会合を仕掛けたのだ。

カードの家は崩壊寸前

トランプの事件は吹き飛ぶ寸前だ。オバマ政権とヒラリー選対の事件である。我々は、より多くの情報を見出そうとしている。連中がいかに英国と共謀したかだ。それが噴き出そうとしている。ファイブアイズ協定による、特に英国とのつながりだ。

 

QAnonのすべてPart2(上)の続編です。QAnonに関する全投稿は/tag/QAnonにあります。

さて、前回も書きましたが、Q Anonのフォロワーであるprayingmedicことデイブ・ヘイズさんのインタビューなんですが、これはほとんどデイブさんがQにインスパイアされて調べたこと、自身の神から受け取ったというトンデモな夢の話ですね。

Qの言ってることとしては、ほんのわずかです。しかし、何度も書きますが、Qの目的は情報を与えることよりも、むしろ草の根から調べさせ、米国民を目覚めさせることです。そして、今後起こるであろうショックについてあらかじめ準備させることです。さらに、Qが諜報作戦である以上、そのものズバリを言うことはなく、ときには敵の撹乱のために誤情報を伝えることもあるわけです。

ですから、これも何度も書いてますが「Qの言ってたことは本当だった」というのは間違いです。単にフォロワーの解釈に過ぎないのです。どうにもお手軽に答えを求めようとする陰謀論サイトがあるわけですが、Qの本質を全く理解しようともしていないことが見てとれます。これまで教育・メディアによって我々が洗脳されてきた方法と同じく、お手軽に答えを与えようとしているだけです。

デイブの夢

Qの投稿について多くの夢を見ている。その一つは英国諜報コミュニティの腐敗である。米国民に対して違法なスパイ行為をしている。暴露されるであろうものについて、あまりに多くの夢がきている。すぐに起訴が始まっても私(デイブ)には驚きではない。

FBIとヒラリーの免責

FBI-Vaultが暴露したことは、ヒラリーのメールについてのFBIの記録である。第一に、ピーター・ストラックとコミーがウソをついたことだ。

ニューヨーク市警は、アンソニー・ウィナー(ヒラリー側近の夫)のノートPCを入手していたが、令状が無いのでそのメールを見ることができなかった。彼らは令状によってFBI本部に要求したが、アンドリュー・マケイブFBI副長官は許可しなかった。選挙が終わるまで引き伸ばした。

連中のストーリーとしては、選挙直前にコミーがパニックになり、令状を送ると言い出し、すべてのメールを見たというもので、何も無く、調査は不要だということだった。

しかし、FBI-Vaultによれば、ピーター・ストラックのサインした命令はあるものの、11/9の選挙後まで出していなかった。つまり、「見た」と米国民にウソをついていたのである。

大量の極秘起訴

現在大量の極秘起訴が進行している。法データベースにアクセスした者の話によれば、彼の州だけで数千もの極秘起訴がある。全州では想像もできない数である。

これをフォローしている人間によれば、先月だけで5000件を超える。合計4万5千件になっている。すべてが重罪であるようだ。おそらくこれらの起訴は封印解除されるだろう。

私(デイブ)が見た夢によれば、大量の人間が一度に根こそぎに逮捕される。

Facebook他の陰謀

Facebookの銀行業界との取引が進行中だ。銀行情報と引き換えに個人情報を与えるつもりだ。これは実際に記事の出ていることだ。

Twitterなども含めて、連中は現在アレックス・ジョーンズを禁制にするなど、検閲を強化している。

Twitterについては、いわゆるシャドウバン実際に起こっている。フォロワーのタイムラインにでなかったり、勝手にフォロー解除されたりしている。

YouTubeについても視聴数が数千減る現象がある。Facebookについてもフォロワーが異常に減るという事態が起きている。Amazonにも同様の現象が起こっている。

プーチンとの関係

プーチンとの関係進展は、トランプにとってベストである。ディープステートはビビっている。

見るべきものはディープステート側の人間の反応だ。ブレナン、クラッパー、コミー、アシュトン・カーター、サリー・イエーツだ。トランプ・プーチンのプライベートな会合については、連中は完全に発狂した。翻訳者に証言させろとまで言っている。

ディープステートの心配としては、プーチンの行動にある。ビル・ブラウダーについて、プーチンが合同カンファレンスで言及したことだ。

プーチンの意図としては、おそらくこうだろう。「お前らの秘密は知ってる、トランプ大統領に言ってやろうか?」だ。トランプには既にNSAからのすべての情報があるが、加えてロシア諜報からの情報が与えられようとしている。

連中が恐れるのは、トランプ・プーチン協調によるディープステートの破壊だ。

トランプの姿勢と暗殺の危険

トランプは選挙期間中から言っていた。「ロシアとうまくやろう」「なぜロシアが永遠の敵なのだ?」「なぜうまくやれない」。それに対して、ディープステートの駒達は「ロシアとの戦争」「爆弾と戦争だ」と言っていた。ディープステートが世界で最も巨大なパワーだとすれば、我々は巨大な衝突にある、地球上で爆発寸前になっている。

私(デイブ)が考えるには、我々が知るより多くのトランプ暗殺の試みが既にあっただろう。頻繁に起こっているだろう。MKウルトラ等の方法により、声が聞こえてトランプを殺せと指示されているだろう。この種のテクノロジーが既にある。

シークレットサービスは厳戒態勢だ。常にNSAの情報に注意している。

ポンペオと北朝鮮とトランプ

ポンペオは頻繁に北朝鮮に行っており、我が家のようにしており、北朝鮮の国務長官の地位の者とやり取りしている。

スーザン・ライス、サリー・イエーツ、コミーは、北朝鮮が武器を作っていると言うが、ポンペオは、はるかに北朝鮮を掌握している。

そして、トランプとポンペオは同じ波長であり、完全に信頼しており、北朝鮮を担当させた。

おそらくポンペオは北朝鮮について正しいことを行っている。今後数ヶ月で驚くようなことが起こる。

さて、QAnonのすべて(原題は、All About Q Anon With Dan Duval – Part 2 (August 6))と銘打ちながら、ほとんどQの話が出てこないんですが、インタビューされてるprayingmedicことデイブ・ヘイズさんは、有数のQフォロワーのようです。2017/12頃からフォローを始め、ほぼ仕事せずにQのフォロー、というかQが出したヒントを元に独自調査をしているようです。それでも追いきれない部分があるとのこと。結局のところ、Qの投稿は素人が読んだところで、全く意味不明のようですね。膨大な背景知識と大量の調査が必要のようです。

ですから、おそらくはフォロワーによって言うことが違うこともあるかもしれませんし、観点が異なることがあるかもしれません。他の方については聞いたことが無いんですが、YouTubeには何人もいるようです。

メディアの反応

メデイアはQ運動を単に陰謀論だといい、ピザゲートと同じくウソだとわかっているものと同一視しようとする。しかし、お笑いなのは、連中が事実を見ようとしないことだ。ハリウッドのNXIVMセックスカルトは事実だ。連中は事実を全く無視しようとするのだ。

インタビュアー、ダン・デュバルの意見:Qは作戦である。おそらくはリーダーがおり、協調し、軍事機密・トランプにアクセスしている。これらの情報をこの作戦に入れ、人々に渡し、草の根で気づかせることが目的だ。これから展開することに準備させるためだ。ゆっくり行われなければ、人々が非常にショックを受けるようなことだ。

トランプの宇宙プログラム

トランプはこの三ヶ月のすべての集会で宇宙軍に言及している。これは秘密の政府プログラムのベールをゆっくり剥がしているのだ。

ダン・デュバル:自分が会った多くの人が、秘密の宇宙プログラムに子供の頃から参加させられている。これは、魂を取り出し、宇宙に送るようなものらしい。宇宙空間で多くが起こっているらしい。月や惑星から帰ってきた人の話も聞いた。普通の人にはクレイジーに聞こえるだろうが、数十人の人間がこういった事件を説明している。

私(デイブ)も半年前なら「クレイジーだ」と言っただろう。しかし、自分のリサーチをしてきた。知り合った仲間のヒーラーの話を聞けば聞くほどクレイジーだが、多くの人たちの事件をしり、彼らが何度も同じことを言う。

トランプ選出の結果

私(デイブ)は夢でみた。2016/8の選挙前のことだ。夢の中でトランプへの投票を選択したが、その後で見た社会は地上の楽園のようだった。それがトランプに投票した結果だった。

製薬会社の悪行と資産凍結

Qは病気の治療法についてのヒントも出している。トランプは、製薬会社を何度も批判している、「お前らの腐敗と不当利益は終わる」と。

Qは殺されたホリスティックやナチュラル医療のリサーチャーを示した。私が発見したのは未解決の80人の殺人だ。そして、あらゆる多剤耐性バクテリアに効く抗生物質のニュースが出た。

Qは言う、「連中が治療法を出すか、我々が腐敗を暴露するかだ」。

これらが暴露され、治療法が出てくれば何が起こるだろう?連中の富が、突然普通の人々に返される。HIVや肝炎といった病気が突然治療されると何が起こるだろう?CIAが戦争を起こせなくなると何が起こるだろう?

0.1%の人間の巨大な人間の金が隠されている。

トランプは資産凍結の大統領令にサインしている。連中の資産を奪って人々に戻せば何が起こるだろう?

医療産業の陰謀

ダン・デュバル:「Cancer – The Forbidden Cures」というドキュメンタリーを是非見てほしい(YouTubeにあり、未訳)。一連のガン治療を示しており、それが大製薬企業に抑圧されたことだ。連中はFDA(厚生省)に入り込み、いいこと悪いことを決め、買収している。特にガンと糖尿病は儲かる。長期間に渡る治療が必要だからだ。しかし、これは維持可能ではない。保険を払える人間より、病気の人間が多くなるからだ。

ダン・デュバル:大製薬企業と医療産業は、人々を負債づけにするための作戦だ。増々多くの人が保険で破産している。治療はあるのに隠されている。

それがディープステートの恐れるものだ、公にされたくない。すべての支配を失ってしまうからだ。

Qはトピックを変えようとしている

ヘルスケア産業で何が隠されているのか、暴露されるべきなのか、我々にリサーチされるだろう。

ダン・デュバル:バイエルはドイツナチにルーツがある。モンサントは数十年食べ物をエンジニアリングしてきており、GMOを通して我々に入れ込んできた。

なぜ今の今になって小麦アレルギーが出てきたのだろうか?

ダン・デュバル:もちろんGMOにつながっている。連中がそういうものをエンジニアリングしてきた。毒を食べ物に入れてきている。

トランプとその周りはそういうものに敏感だ。彼は腐敗した動きに取り組むはずだ。妻の小麦アレルギーを何とかしたい、病気の友人もたくさんいる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です