近代史

目次

1945年 アウシュヴィッツ収容所で毒ガス大量殺人はあったのか、なかったのか

アウシュヴィッツ収容所で毒ガス大量殺人はあったのか、なかったのか かの有名なアンネ・フランクはアウシュヴィッツ収容所で毒ガスで殺されたと思い込んでいる人が時たまいる。 しかし、アンネ・フランクは毒ガスで殺されたのではない…

コメントなし

1944年 第二次世界大戦下の東欧諸国でのユダヤ人迫害

第二次世界大戦下の東欧諸国でのユダヤ人迫害 第1章  ウクライナでのユダヤ人迫害 第一次世界大戦によりオーストリア・ハンガリー帝国の解体が確定的になると、オーストリア・ハンガリー帝国領となっているガリチア地方のウクライナ…

コメントなし

1943年 海軍が善玉で、陸軍が悪玉だと思わされてきた日本人

世界を操るグローバリズム-4~海軍が善玉で、陸軍が悪玉だと思わされてきた日本人~  日本が大東亜戦争に参戦した理由は前回記事で紹介しました。 日本参戦は、日露戦争に於ける満州鉄道共同経営権破棄が発端とされており、実に40…

コメントなし

1942年 金貸しはスパイを使って日本を餌食に

金貸し勢力のスパイの証言(10)~金貸しはスパイを使って日本を餌食に!~   いよいよ、スパイによる日本を巻き込んだ情報戦の内容に移っていきます。 日本は、ベラスコとのスパイ契約、そして日本政府内に送り込まれた内通者によ…

コメントなし

1942年 米国の原爆開発情報は日本に何をもたらしたか

金貸し勢力のスパイの証言(12)~米国の原爆開発情報は日本に何をもたらしたか~   イエズス会の牧師がスパイの主要な情報源であったということは衝撃的ですね。そしてそれは懺悔室が舞台で、金を払えばなんでも協力したという牧師…

コメントなし

1941年 仕組まれた太平洋戦争

天皇という力の正体とは?(8)~仕組まれた太平洋戦争 前々回の記事で、満州にとどまらず中国に手を伸ばしたことが、日本を太平洋戦争に追い込まれてゆく根本原因になったと書いた。 一方、米国も日本との戦争を望んでいた。そして、…

コメントなし

1940年 栄華を極める世界最大最強の ロスチャイルド財閥

栄華を極める世界最大最強の ロスチャイルド財閥   ●前回まで私は、ユダヤ人はイエスを殺した民族として世界の嫌われ者となり、 16世紀ごろからユダヤ人の隔離生活が制度化されたのだが、そんな風潮の中でも自由を享受…

コメントなし

1939年 ヒトラーはなぜ原爆を使用しなかったのか

金貸し勢力のスパイの証言(14)~ヒトラーはなぜ原爆を使用しなかったのか~     ドイツはアメリカに先んじて原爆を完成させていた。それは、連合軍の本拠地:イギリスを攻撃するために造られた。 一方、アメリカはド…

コメントなし

1938年 資本主義は最終的に社会主義に行き着く

「天皇」という力の正体とは?(7)~資本主義は最終的に社会主義に行き着く 本題のテーマとは少し離れるが、『天皇財閥 皇室による経済支配の構造』(吉田祐二著)には、戦前の日本の国家運営体制に関する興味深い論考がある。それは…

コメントなし

1935年 アラビアのロレンス ―最終話 夢の跡―

シャンティ・フーラさんの情報です。 ユダヤ問題のポイント(近・現代編) ― 特別編5 ― アラビアのロレンス ―最終話 夢の跡―  大きな夢を描きそれをかなえること、つまり願望の成就が人生で最も大事なこと、世間一般ではこ…

コメントなし

1933年 ナチ・ドイツとローマ教皇庁は密接な協調・協力関係にあった

金貸し勢力のスパイの証言(13)~ナチ・ドイツとローマ教皇庁は密接な協調・協力関係にあった~     ナチス・ドイツとローマ教皇庁=イエズス会の繋がり、そして、昭和天皇も団員といわれるマルタ騎士団と国際通貨基金…

コメントなし

1931年 天皇所有の国策企業による植民地支配

「天皇」という力の正体とは?(4)~天皇所有の国策企業による植民地支配 明治維新当初、西洋を模した近代化における「神」の位置に祭り上げられた天皇家だったが、やがて、前々回記事のように多くの企業を所有する日本最大の財閥とい…

コメントなし

1920年 アラビアのロレンス ―ロスチャイルドの誤算?―

シャンティー・フーラさんの情報です。 ユダヤ問題のポイント(近・現代編) ― 特別編4 ― アラビアのロレンス ―ロスチャイルドの誤算?―  「バカに付ける薬はない」。これはこの男のためにある言葉ではないか?と思ってしま…

コメントなし

1919年 秘密のベールに包まれている英国のスパイ機関

金貸し勢力のスパイの証言(7)~秘密のベールに包まれている英国のスパイ機関~     イギリスの情報機関が入手した情報は全てロシアに(そしてドイツにも)筒抜けであったということは、驚きです。その背景に…

コメントなし

1917年7月 ソビエト連邦 大惨事の社会実験(上)

シャンティ・フーラさんからの情報です。 ユダヤ問題のポイント(近・現代編) ― 第7話 ― ソビエト連邦 大惨事の社会実験(上)  2013年1月、プーチン大統領はモスクワの国立スキニアソン図書館で列席したユダヤの有力者…

コメントなし

1917年 今世紀の情報戦争はユダヤ系民族による“大スパイゲーム”

金貸し勢力のスパイの証言(9)~今世紀の情報戦争はユダヤ系民族による“大スパイゲーム”~ 自作自演の戦争・・・火つけ役も火消し役も、そして復興役もまた、すべてユダヤ系民族が主導している。その背後には金貸しがいることは、こ…

コメントなし

1917年 ユダヤ革命、1918年7月ロマノフ王朝廃絶

ユダヤ問題のポイント(近・現代編) ― 第6話 ― ユダヤ革命、ロマノフ王朝廃絶  革命とは普通私たちは下から起こされると思っています。「暴君の圧政に苦しむ民衆たちが自由と解放を求めて結束し、力を合わせ遂に圧制者を打ち倒…

コメントなし

1917年 アラビアのロレンス ―バルフォア宣言―

シャンティ・フーラさんの情報です。 ユダヤ問題のポイント(近・現代編) ― 特別編2 ― アラビアのロレンス ―バルフォア宣言―    アラブ代表メッカの太守フサインに、アラブ人参戦と引き替えに、アラブ人の独立国家支援を…

コメントなし

1917年 アラビアのロレンス ― 舞台裏の世界 ―

シャンティ・フーラさんの情報です。 ユダヤ問題のポイント(近・現代編) ― 特別編3 ― アラビアのロレンス ― 舞台裏の世界 ―  時折参考にさせて頂いているブログ「マスコミに載らない海外記事」では、マスコミを必ず「売…

コメントなし

1916年 アラビアのロレンス ―アラブの蜂起―

シャンティ・フーラさんの情報です。 ユダヤ問題のポイント(近・現代編) ― 特別編1 ― アラビアのロレンス ―アラブの蜂起―  直接的にはユダヤ問題のポイントとしてはヒットしているとはいえないにしても、イスラエル建国に…

コメントなし

1915年 オスマン帝国滅亡!引き起こされた惨劇

ユダヤ問題のポイント(近・現代編) ― 第16話 ― オスマン帝国滅亡!引き起こされた惨劇  2016年6月3日に世界の各メディアで「ドイツ連邦議会がアルメニア人の大量虐殺を認定」を見出しとするニュースが飛び交いました。…

コメントなし

1914年 第一次世界大戦はオーストリア皇太子暗殺が原因なのか

世界を操るグローバリズム-12~第一次世界大戦はオーストリア皇太子暗殺が原因なのか~         第1次世界大戦の主要な目的の一つがグローバル化にあるとのことです。これは各国の主権を制御…

コメントなし

1913年 世界中の反ユダヤ活動を監視するユダヤ人団体「ADL」

世界中の反ユダヤ活動を監視するユダヤ人団体「ADL」 原文はこちら→ http://inri.client.jp/hexagon/floorA1F/a1f1406.html アメリカにおけるユダヤ人団体は数百とある。 そ…

コメントなし

1908年 サバタイ・ツヴィの遺伝子

ユダヤ問題のポイント(近・現代編) ― 第17話 ― サバタイ・ツヴィの遺伝子  本文冒頭の動画、7分程度なので是非ご視聴下さい。時間が無い方は最初の5分過ぎまででも結構です。この動画は歴史家クリストファー・ジョン・ビャ…

コメントなし

1908年 オスマン帝国滅亡前夜

 東日本大震災からやがて丸7年を迎えようとしています。この間、残念なことに随分と日本の破壊が進んでしまいました。民族主義を唱え、愛国だ、右翼だ、と名乗る連中の手によって、です。愛国? 国を愛するとは国民を大切にし、国土の…

コメントなし

1871年8月 胎動を始めた世界支配計画

シャンティ・フーラさんの情報です。 ユダヤ問題のポイント(近・現代編) ― 外伝2 ― 胎動を始めた世界支配計画  外伝1の「サバタイ・フランキストの支援者ロスチャイルド家」欄で、ロスチャイルド家初代マイヤー・アムシェル…

コメントなし

1870年 ユダヤ人の世界的解放と ユダヤ民族主義(Zion主義)の台頭

ユダヤ人の世界的解放と ユダヤ民族主義(Zion主義)の台頭   ●1789年、「自由・平等・博愛」を掲げるフランス革命が勃発すると、その2年後に、フランス議会はユダヤ人に平等の権利を認めた。つまり、法的にユダ…

コメントなし

1868年 西欧化への唯一神として据えられた近代天皇

「天皇」という力の正体とは?(3)~西欧化への唯一神として据えられた近代天皇 前回と前々回の記事では、戦前の天皇と宮内省が強大な「財閥」であったことを明らかにした。 ところで、天皇そのものは万世一系の名の通り、明治の遥か…

コメントなし