Cisco Packet Tracer利用手引き(1)

Cisco Packet TracerはCiscoのネットワークをシミュレートするもので、

CCNAやCCENTなどの資格取得や初歩的なCiscoネットワークを学びたいが、実機を触る機会もなく、そんなお金の余裕は無いといった方に最適です。


インストール方法はこちら、

Cisco Packet Tracerのインストール

 

ログイン画面

Packet Tracer では、毎回Networking Academy loginアカウントでのアクセスを求められます。アカウント作成はCisco Packet Tracerのインストールのところで作成。

ゲストユーザでもアクセスできるようですが、データ保存の回数に制限があるようです。

 

プロトコルは以下をサポートしているようです。

Technology Protocols
LAN Ethernet (including CSMA/CD*), 802.11 a/b/g/n wireless*, PPPOE
Switching VLANs, 802.1q, trunking, VTP, DTP, STP*, RSTP*, multilayer switching*,
EtherChannel, LACP, PAgP
TCP/IP HTTP, HTTPS, DHCP, DHCPv6, Telnet, SSH, TFTP, DNS, TCP*, UDP,
IPv4*, IPv6*, ICMP, ICMPv6, ARP, IPv6 ND, FTP, SMTP, POP3, VOIP(H.323)
Routing Static, default, RIPv1, RIPv2, EIGRP, single area OSPF, multiarea OSPF,
BGP, inter-VLAN routing, redistribution
WAN HDLC, SLARP, PPP*, Frame Relay*
Security IPsec, GRE, ISAKMP, NTP, AAA, RADIUS, TACACS, SNMP, SSH,
Syslog, CBAC, Zone-Based Policy Firewall, IPS
QoS Layer 2 QoS, Layer 3 DiffServ QoS, FIFO Hardware queues, Priority
Queuing, Custom Queuing, Weighted Fair Queuing, MQC, NBAR*
Miscellaneous ACLs (standard, extended, and named), CDP, NAT (static, dynamic, inside/
outside, and overload), NATv6

*のプロトコルは制限されていて全てのコマンドが利用できるわけではないです。

 

 画面の説明

1

Menu Bar

FileEditOptionsViewToolsExtensions, Helpメニューがあります。ネットワークトポロジファイルなどを開いたり保存したり、いろいろな基本機能のOpenSaveSave as Pkz, Print, Preferencesなどがあります。

Extensions メニューからActivity Wizardへのアクセスも可能です。

2

Main Tool Bar

File,Edit,CopyPasteUndoRedoZoom, Drawing Palette, Custom Devices Dialogメニューがあり右側には説明を閲覧できるNetwork Information もあります。

3

Common Tools Bar

SelectMove LayoutPlace NoteDeleteInspectResize ShapeAdd Simple PDU, Add Complex PDUがあります。

4

Logical/Physical Workspace and Navigation Bar

You can toggle between the Physical Workspace and the Logical Workspace with the tabs on this bar. In Logical Workspace, this bar also allows you to go back to a previous level in a cluster, create a New ClusterMove ObjectSet Tiled Background, and Viewport. In Physical Workspace, this bar allows you to navigate through physical locations, create a New City, create a New Building, create a New ClosetMove Object, apply a Grid to the background, Set Background, and go to the Working Closet.

5

Workspace

This area is where you will create your network, watch simulations, and view many kinds of information and statistics.

6

Realtime/Simulation Bar

You can toggle between Realtime Mode and Simulation Mode with the tabs on this bar. This bar also provides buttons to Power Cycle Devices and Fast Forward Time as well as the Play Control buttons and the Event List toggle button in Simulation Mode. Also, it contains a clock that displays the relative Time in Realtime Mode and Simulation Mode.

7

Network Component Box

This box is where you choose devices and connections to put into the workspace. It contains the Device-Type Selection Box and the Device-Specific Selection Box.

8

Device-Type Selection Box

This box contains the type of devices and connections available in Packet Tracer. The Device-Specific Selection Box will change depending on which type of device you choose.

9

Device-Specific Selection Box

This box is where you choose specifically which devices you want to put in your network and which connections to make.

10

User Created Packet Window*

This window manages the packets you put in the network during simulation scenarios. See the "Simulation Mode" section for more details.

 

また、画面の右下に、拡張・縮小のボタンがあり、こちらを操作することでUser Created Packet ウィンドウ(UCPW) を開くことができます。ここで発生したパケットの詳細を確認することができます。

 

更に、、、

ワークスペース(Logical , Physical)とモード(Realtime, Simulation)があります。デフォルトはLogical, Realtimeです。

通常ネットワーク構築はRealtimeモードですが、ネットワークシナリオをこなす上でSimulationモードにしたり、物理ロケーションを配置する際にPhysicalワークスペースを使います。

 

 

Simple Lab 1

まずは手始めとして一番シンプルなかたちでPCを2台置いて、接続してみましょう。

PCは、デスクトップ(PC-PT)でもラップトップ(Laptop-PT)でもかまいません。

PC同士の接続の場合は、ケーブルはCopperのクロスケーブル(Cross-Over)を選びます。

 

 

うまく繋がれば、それぞれのPC側に緑色が点灯します。この色のついた点はネットワークインタフェースのポート状態を示します。

緑色は正常に接続されていることを示します。

Packet Tracerでの色の詳細は下記表の通りとなります。

緑色で点灯 物理的にリンクがアップしていますが、Line Protocolについての状態までは把握できていません。
緑色で点滅 物理的にリンクがアップしていて、通信している状態。
赤色 物理リンクがダウンしています。誤ったケーブルをさしていたり、ポートをシャットダウンしている時などです。
オレンジ色 スイッチ上のSTPがループ確認中などの状態の時など。

 

Webで各機器のハードウェア仕様を調べます。

 

PCをダブルクリックして [Desktop] – [IP Configuration] でIPアドレスを設定します。

 

PC0 に192.168.1.1/24 を, PC1に192.168.1.2/24を設定。

 

どちらかのPCでコマンドライン(Command Prompt)を開きます。

 

もう片方のPCにPing を実行します。 PC0からだと ping 192.168.1.2 を実行。

 

 

Simple Lab 2

次に2つのPCの間にスイッチを1台入れてみましょう。

スイッチは複数のポートを持っているので、これを挟むことによって複数のPCをネットワークに接続できるようになります。

 

次にスイッチをPC間に入れる際に気を付けることは、スイッチとPC間はストレートケーブル(Straight-Through)で結ばれなくてはならないということです。

そのため、右側の赤い×アイコンを使って、現在結ばれているクロスケーブルを削除します。

 

次に下記のようにスイッチ(2960-24TT Switch)をPC間に配置します。そして Copper Straight-Through を使って接続します。

結んだ時点ではスイッチ側のポートはオレンジ色に変わり、緑色になるまで少し待つ必要があります。

これはSpanning Tree Protocol(STP)がスイッチに設定されていて、 Listening , Learningの状態となっているためです。

 

スイッチ側のポートLEDも緑色に変わったら、それぞれのPCから相手のPCにPingを送付し、疎通できることを確認します。

 

作成したネットワークトポロジーをは、[File] – [Save as … ] から保存してください。

 

PKZファイルはPacket Tracerのトポロジーを1つのファイルに保持します。

また、ファイルを開いたり、削除したりなどは、おわかりになるかと思いますので、本サイトでは

基本の基本は特に説明しません。

magiken has written 29 articles

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>